www.2-w-heels.org
今年の夏、初めて思い脳貧血を体験しました。 私は貧血体質ではありませんし、貧血気味だと感じたことも血液検査で引っかかったこともありません。無縁だと思っていたのに、ある時突然やってきたのですよ。 夏の夕暮れ、暑い中クーラーを我慢して大量の汗をかいていました。でもこれも節電を意識し始めてからの日常です。無理をしているわけでもなく、水分摂取を心がけたり、窓を開けて風を入れていました。 立ち上がった時、だんだんと視界が暗くなり目が見えなくなりました。平衡感覚がなくなって頭がグラグラまわっている感じがします。初めての体験だったので自分に何が起こっているか分かりませんでした。冷や汗が止まりませんでした。すごく長い時間に感じたのですが、実際は何十秒でしょうね。そして意識まで遠のく感じがして、このままではヤバイと思いました。もう自分どんな体勢でいるのかも分かりませんが、とりあえず座らなければと思いました。でも遅し、そのままダーンとダイレクトに後ろにひっくり返ってしまいました。頭を強打、貧血の状況といきなりの強打で目の前に星がたくさん出ました。マンガのようですが本当に星がチカチカと見えるのですよ。 1時間弱、そのまま寝たままでした。意識があったのかなかったのか、そういうことを考える能力もありませんでした。頭をぶつけたのがベッドの木の部分で、そんなに高い所から打たなかったので怪我などはありませんでした。もしこれが外でコンクリートだったら、知らない場所で助けてもらえるのかと考えた時、恐ろしかったです。知らず知らずに熱さが体に負担になっていたのですね。無理はいけないと思い知らされました。