www.2-w-heels.org
自動車重量税、略して重量税というものは日本の自動車やドイツ車というような車の国やミニバン、1BOX車等車のタイプも関係なく、たとえばダイハツやBMW、等でも変わりなく納付しなくてはいけない税金のことをいいます。新車登録をする場合、または車検のさいに支払わなければいけないものになります。この額はそれぞれのクルマのウエートによって決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」は全然別の税ですので基礎を学んで勘違いしないようにしなければなりません。「自動車重量税という税金は車のウエートによって」「自動車税とはリッター数により」金額が違います。そして売却する際の待遇も変わりますので注意が必要です。車を売却する際には支払い済みの重量税がどれだけ残っていたとしても、その税額が返還されるということはありませんが、一方、自動車税の場合は支払い済みの税額を買取金額に乗っけてくれるという事例がありますが重量税については足される事例はあまりないといえます。重量税については、いくら既に納付した税額があると言っても車の専門店の方でその事実が忖度されることはほとんどないものなのです。そのため次の支払いつまるところ車検まで待機してから査定に出すということがベストと思います。買い取り時は戻ってこない重量税ですが一定の条件のケースだと還付されることがあります。これにあたるのは車検が残っている自動車を廃車にしてしまう時。廃車登録をした場合残っている期間に応じて金額が還付されます。ただ車買い取り時はその中古車が廃車されるわけではないので返ってきません。それに、所有車の名義変更をした際や、盗難された場合も還付を受けることはできません。自動車重量税の残っている期間があるクルマを手放すことはつまり車検の効力がまだある中古車ということになります。そういったことを買取店も配慮しますから自動車重量税が残存していればそこそこ買取額があがるはずです。もちろん、買取金額は店舗によってまちまちなのですが、車検期間が残っている事実を考慮していただければ、自動車の買取金額と比べるとあまり払い損と考えることもありません。