www.2-w-heels.org
占いに人生の選択をゆだねるなんてことは無いけれども、何かに迷ったとき、行き詰まったとき、何かにちょっとした光や助言を求めたくなる。占いはそういう存在でもいいかなと思っている。 私が仕事に悩んだ5年前、辞めるべきか続けるべきかの瀬戸際だった。友達が行くからとついて行ったタロット占いで私も占ってもらうことに。職業も仕事の状況も何も言わなかったのに、どちらもバッチリ当たった。 「そうね、今あなたの会社は新しく始まったからまだ不安定なの。もう少しだけ、1・2か月頑張ってみたらどうかな。転機がくるよ」丸呑みして信じるのは嫌だったけれどその言葉に少し救われ、あと少しだけと思って続けてみた。1ヶ月後、私に来たのは転勤の辞令だった。しかも希望していたセクションに。一気に前が開けた。 あのとき占いに行ってなかったどうなっていたのか、続けていられたのか分からないが、占いもひとつの人生の出会いなんだなと思って今では感謝している。