こととは別の問題です

現実にパソコンの。仕事 辞めたい アフィリエイト

前に座って止まることなく変化している市場を見てしまうと何となく注文をするという思いが生まれる状況も少なくありません。

しかし、不明瞭な思いつきでエントリーするのだけは、断じてしてはいけません。

事実、為替相場は1日中いつでもどこかの国で外国為替市場が変化しているし相場も常時変動しています。

そうであっても、立て続けにエントリーを積み重ねるとその回数分だけ損をする危険が高まってしまう。

確かに取引の回数を積み重ねる事で、儲けられる可能性が半々になります。

でもこの事実は「漠然としたアイデアで売り買い」することとは別の問題です。

取引回数を積むとは自ら「ここで勝負」と思えるチャンスを得られたところでの取引回数を積むという事を意味します。

特段の理由も無く、のべつ幕なしエントリーを積むのとは違う。

マーケットの勝負にi挑むには白分でよく考えてメリハリをつけることこそが肝心です。

「ここだ!」と思った外国為替市場の時には覚悟を決めて所持ポジションを多くして、意識して利益を狙います。

「かなり難しい市場でどう変化するのかわからないな」と考えた時は潔く売買ポジションをひとつも残さないでクローズして黙っています。

これぐらいのメリハリをつける方が結果的にエントリーは成功します。

マーケットの格言には「休むも相場」という言葉があります。

まったくその通りだと思います。

FXとは、いつでもポジションを持っていることが全部ではなく、何も所有せずじっとしていることも時には、必要です。

じゃあ、どういう場面で休むべきなのでしょうか。

第1に考えられるのが、先に述べたように、これからのマーケットが曖昧で見通しがきかない時です今からドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は、分からないまま行動すると、自ら思った物語とは逆方向に相場が変化してしまい損をする事になります。

そういった状況ではポジションを諦めそのままの状態で静観を決め込むのが最善の策です。

もうひとつの場面は、己の体の状態があまりよくない時です。

コンディションと市場に何の影響も与えないと考える方もいますが思いのほかつながりがあります。

健康状態があまりよくなければ市場の重要な場面で、正確な決定をする事ができません。

興味がわかない時は市場から遠ざかる事も大切な事です。